胡蝶蘭の価格はどのくらい?

胡蝶蘭ギフトの価格相場は、ピンからキリまでありますが、だいたい5千円から5万円までが相場になっています。より立派な胡蝶蘭になると5万円を超えることもありますが、3万円前後のギフトが多く、超が付く程の高級品になると逆に相手に気を使わせてしまうかもしれませんので、贈る際にもあまりに高過ぎる物は選ばれにくいという傾向があります。

もちろん価格が高ければ良いというわけでもありません。贈り物は気持ちが込められているかどうかが最も重要であって、形式的で事務的に贈るなんてことは無いように心掛けたいところです。胡蝶蘭の贈り物はシーンによって選ばれる大きさが変わるという点にも注意しておくべきでしょう。たとえば友人や知人に贈るといったシーンでは1万円から3万円程度の物を贈るのが一般的ですし、家族や親せきに贈る場合にはそれよりも少し高めの物を贈る傾向にあります。

引っ越しや新築祝いといったシーンにも胡蝶蘭が送られることもあるなど、万能な胡蝶蘭ですが、シーンや贈る相手に合わせて、皆さん、価格帯を選んでいく傾向にあります。とはいえ、近年では安い価格帯の胡蝶蘭ギフトでも立派な物も増えてきていますので、価格についてはそれほど悩む必要は無いかと思われます。
ちなみに胡蝶蘭専門店「ORCHID STYLE」では産地直送の高品質な胡蝶蘭を扱っていて、価格や色、本数から選ぶことが出来ますのでシーンに合わせて簡単に選ぶことが出来ます。時間に制限はありますが、注文時間によっては翌日に届けてもらうことも出来ますので、急なお祝いごとにも対応してもらえるので大変便利です。

 

贈る際のマナーに気を付けて!

いくら贈り物に万能な胡蝶蘭といっても、贈ることがマナーに反するというケースもありますし、贈り方などにもマナーがありますので、この点だけはしっかりと覚えておきましょう。注意すべき点としては、ラッピングに赤色を避けること、メッセージに忌み言葉を使用しないこと、お見舞いの品として選ばないことが挙げられます。

まずはラッピングについてですが、赤は火や火事を連想させるとしてあまり縁起が良いとは言えない色になりますので、ラッピング時にはできるだけ赤色は避けるようにしてください。

次にメッセージについてです。贈り物と一緒に簡単な手紙を贈ることもありますが、このメッセージの中には忌み言葉を使用するのはNGとなります。せっかくのお祝いごとのはずなのに縁起の悪い言葉が用いられていれば、先方側も不快な思いをすることになります。

最後にお見舞いについてですが、鉢植えなどは「根付く」ことを意味しており、病床に贈ることは病気を長引かせるとして縁起が悪いとされていますので注意してください。これは胡蝶蘭に限った話ではなく、あらゆるお花の贈り物でも同じく鉢植えはNGとなります。

胡蝶蘭のギフトはどのようなお祝いごとであったとしても好まれる贈り物で、万能がゆえに過信してしまうかもしれませんが、贈り方しだいで縁起の悪い贈り物へと変身してしまう可能性がありますので、贈る前には必ず失礼が無いかチェックしなければなりません。